忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 23:18 】 |
お中元のゼリー
こんにちは、またまた日記書きますよ。
みなさんエステ体験はもうしましたか。まあどっちでもいいです。
そんなことより急ですが今日はゼリーについて書きたいと思います。
ゼリー好きですか。私は大好きです。ちゅろっと食べるときの口あたりがたまりません。また、ひんやりしているので夏場には最適だと思います。
めんどくさいときは、スプーンを使わずに口からずぼって食べます。あれがまたいいのです。試してみてはどうですか。
凍らして食べるのもいいですね。口の中でだんだん溶けていきゼリーに戻ります。他の食材では味わえません。
ところでなぜゼリーについて書いているかといいますと、お中元の中に夕張メロンゼリーというものがあり、それを食べたからなのです。
食べる前はゼリーのメロンの品種なんてどうでもいいわ。夕張メロンとかやかましい。どれでもいっしょ違うの。とか思っていたのですが、
いざ食べてみると反省しました。すごくおいしい。こんなの食べたことないです。味がかなりフルーティーです。
私の中でゼリーはおやつだったのですけど、これはデザートですね。食後に食べたいです。ヒルトンホテルのレストランで出てきても何の文句もないです。
それくらいの味だったのであわてて投稿している最中です。
ついでに歴史について調べました。
食品としては古くから知られており、ローマ時代には煮こごり料理も存在していたようで、現代の肉や魚のゼラチン質を含んだブイヨンから作られる「ゼリー寄せ」(アスピック、aspic)の原型とも考えられている。
菓子において「ジュレ」として広く用いられはじめたのは、18世紀末から19世紀初頭、王政華やかだったフランスが革命を経て変遷していく時代、著名な料理人であり製菓職人でもあったアントン・カレームによると考えられている。
当時の製菓用ゼリーには専らゼラチンが用いられていた。冷蔵技術の発達した現代のゼリーが水分に対し約3%のゼラチンで作られているのに比べ、当時は1.5~2倍の量が用いられており、しっかりした食感であったと考えられる。
という歴史です。
深いですね。これからもゼリーを食べ続けたいと思います。今週は競馬的中させてゼリーをたらふく食べたいと思います。
競馬的中もいいですけど、パチンコ裏技で稼ぐのもありかも知れませんね。何にせよお金です。
ではまた次の機会にお会いしましょう。
PR
【2010/08/12 21:51 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<モバゲータウン | ホーム | 悪徳業者に気をつけて>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>